Manfrott PIXI ミニ三脚 です。

小型三脚はすでにカメラで写真を撮るためだけのものではないです。スマフォコンデジミラーレスウェブカムガンマイクで、音声映像画像を、撮るためのもの。私も最近は写真撮影に加えて動画撮影が多いですね。

ですから、写真撮影だけでなく、ストリーミング配信、動画撮影、録音といった様々な活動に使えるものです。image

で、小型三脚なら、それほどたくさん売られています。でもその多くの製品はこんな状態のものが多いです。

  • ミラーレスクラスの重い機器を置くとぐらつく
    → でも高画質で取りたいじゃない?
  • ってかちょっとの振動でぐらつく
    → テーブルに手をついただけでブレブレ
  • カメラの角度は変えられるがおさえが弱い
    → 首がかっくーん!
  • ってか何か月か使っているとネジが馬鹿になる
    → 何個かこれで壊れた
  • パイプを組み合わせたみたいでかっこよくない
    → 伸縮式は特に

そんなところを全部、クリアしているのがこれ。ほかの三脚を買って使っても多分半年後にはこれ買ってはずですから。

デザイン

見ての通りかっこいいです。スターウォーズにドロイドとして出てきそう。

image

色も4つのバリエーションがあってうれしいですね。白があるのは個人的にうれしい。

image

素晴らしいのが脚を閉じたとき。ワンハンドグリップとして使えるようなデザインインになっています。

IMAG00118

これによって手持ち動画撮影的な使い方もできるんですよね。Time Lapse に持ってこい。あ、これだと自撮りだw

IMAG00120

マウント

マンフロットロゴボタンを押してリリース、角度を合わせたらボタンを話してホールドでです。このボタンがむちゃくちゃ固い。デメリットではなくメリットです。重めミラーレスでもしっかりホールドしてくれるのは頼もしい限り。

IMAG00117

下のネジで調整が効くのでうれしい。

IMAG00119

格安、といわれるコンパクト三脚に比べると高いと思うかもしれません。高くできないですし。でも使える時間を考えたら圧倒的に安いです。

マンフロット自体は世界のプロカメラマンが愛用する三脚メーカー。ですから三脚で大事なところは全て知っています。安定してカメラを支えること、これを追求しながらデザイン性も高い製品です。

ずっとカバンに入れて持ち歩いてますが、買った時は「なんでもっと早く買わなかったんだろう?」って思えた製品です。

広告