4月で Surface Pro 3 の背面も模様替えしようかしら?と思ったんですがちょうどいい壁紙画像が浮かばなかったので、今回は手元にあったホワイトカーボンシートを張ることにしました。(市販ので、同じような製品がありますね)

ということで、しばらくお世話になった Adobe Best of MAX 仕様に別れを告げます。お世話になりました。

WP_20150408_01_24_45_Pro

特に印刷をしないので今回は型紙なしで手抜き方法で作ります。壁紙を使う方法はこちら

まずは A4サイズのシートを横方向に半分にカットします。Surface のキックスタンド部分と上面本体部分ですね。きっちり半分に定規を使ってカットします。

カットする

さて、まずは半分、メンディングテープで仮止めします。

WP_20150408_01_33_38_Pro

そのまま表にしたら、余分なところを本体のエッジに合わせてカットします。本体が傷付かないようにあまり力を入れずに何回かカットするか、しっかり歯を入れて一気に切るか。カッターの刃の面をSurface の側面にぴったりつけるような感じで本体に歯を立てないようにカットします。

WP_20150408_01_34_08_Pro

角は サンスター文具 かどまる3 を使うことをお勧めします。Mサイズ。もしくははさみで丸くカットします。

穴あけ

さて、穴開けです。この方法を使います(Surface の背面シールを作った時のカメラ穴の調整方法

まずはメンディングテープを穴の上に貼ります。メンディングテープは長めに用意して液晶面まで貼っておきます。それから穴をシャーペンなどでぐりぐり描きます。

WP_20150408_01_27_15_Pro

描けたらはがす。

WP_20150408_01_27_27_Pro

そこにシートをはさみ、メンディングテープで仮止めしたら、穴あけ用にメンディングテープをもう一度貼り直す。たるんで位置がずれないようにしっかりと。

WP_20150408_01_31_18_Pro

そしたら本体側のメンディングテープをはがして、シートも仮止めを外します。

WP_20150408_01_35_59_Pro

後は、この位置に合わせて穴をあけます。ベルトの穴開けやポンチがいいでしょう。結局ずれるので少し大きめがいいです。

WP_20150408_01_35_17_Pro

穴も開いたらちゃんと本格的にシートを貼ります。キックスタンドと本体の境界線、中央の線に合わせてしっかり貼ったら、エッジのほうに向かって貼っていきます。

僕は滑り止め・汚れ防止に角に滑り止めをつけます。今回は pocketgames さんで売られている egrips 30ピース を貼ってます。背面シートはめんどうだけど保護はしたい、という人はこのすべり止めを角に貼るだけでも結構傷付き防止になります。

WP_20150408_03_50_09_Pro

ついでに余った歯切れでペンフォルダーを作ってみたり。多分すぐ剥がれちゃうと思うけどね。

WP_20150408_03_50_15_Pro

そうそう買い替えるものではないので、こんな感じで気分転換もお勧めです。

勿論こんな感じも定番ですね。

広告