必ずしも高いものが良いというわけではなく、今はどの価格帯でもよいペンがたくさん用意されている。もちろん高いものはそれなりに品質がいいのは確かですが、自分のライフスタイルに一番合ったペンを探せることがベスト。

尚、買う時の鉄則は必ず試し書きをすること。自分にあうあわないが絶対にあるので。大型文具店や画材専門店などで試し書きができると思います。

300円未満 日常の中で気軽に使える一本。使い慣れてくると万年筆が良くわかるようになります。

プラチナ万年筆 Preppy

極細0.2、細字0.3、中字0.5と3種類。気軽に買えて気軽に使える万年筆。安いですがそのペン先の書き味はなかなかで中堅クラスと同等。

 

2000円未満 子供用と思ったら大間違い。子供用だからこそ書きやすさには定評があります。

パイロット kakuno (カクノ)

Jr.用のペンの持ち方をただすためのペンでもあるが、そのせいでグリップが書きやすい。こちらも安価ながらペン先は書きやすい。

kakuno_cap off.jpg

ペリカーノ・ジュニア

こちらも位置づけはJr.用の練習用ではあるが、三角グリップの持ちやすさとペン先の滑らかさは秀逸。

ペリカーノ・ジュニア

 

5000円未満 日常用だけど品質のいいペンが揃うのがここの価格帯。入門から少し入ったらこのあたりを使いたい。

パイロット COCOON(コクーン)

細身でスタイリッシュなボディ。重さのバランスが良く書きやすい。

FCO-3SR-L(ペン種)

LAMY Safari

世界中で有名な万年筆。カラバリが良い。いつでもすぐに書けるのがウリ。海外ものなので国産よりも少し太め。アイディア出しでガリガリ書く人なら悪くないかも。ペンは軽め。

パイロット プレラ色彩逢い

透明軸なので、カラーインクを入れて楽しみたい一品。キャップが良くつけは図示しやすく乾きにくい。細めの字が好きな人にはお勧めしたい。インク便からインクを入れて使う、そんな使い方の入門用にもいいですね。

 

 

1万円未満 このあたりからペン先も金となり万年筆の良さを体感できる。

パイロット 万年筆 カスタム74

ザ日本の万年筆の代表格。ペン種が多彩で極細から太字まで多数用意。透明軸もある。金ペンならではの柔らかさが楽しめる。誰でも安心して使えます。

FKK-1000R-B-(ペン種)

プラチナ万年筆 #3776

大きなペン先が特徴的な万年筆。こちらも金ペンならではの書き味が楽しめる。

セーラー万年筆 プロムナード

同じく金ペンの入門ともいえる1本。カートリッジでもOK。ペン先の固さが絶妙。僕はこのプロムナードのペン先の感覚が好きですね。

 

 

3万円未満 自分のためのペンを選ぶこの価格帯。書き慣れてきたらチョイスを考えたい。

パイロット キャップレス デシモ

世界初のノック式 キャップレスの万年筆。すぐに書けてすぐにしまえる。革命的な万年筆。

FCT-15SR-DL

パイロット カスタム 743

今の世代のスタンダードともいえるシリーズ。カスタム74の上位機種。何が違うかというと軸の太さと長さと重さ、そしてペン先の大きさ(大きい)。大きければ書きやすいってものでもないですが、たくさん書く人は大きく太いものが好まれます。

fkk-3000r-b.jpg

セーラー プロフィット シリーズ

スタンダードなプロフィット21から、独特のペン先形状を持つ長刀研、さらに大型ペン先のキングプロフィットなど様々なスタイルが用意されている。国産万年筆のスタンダードの1つ。

画像準備中

 

8万円未満

世界のスタンダードともいえるこのシリーズは書くことを意識させない。

ペリカン スーベレーンシリーズ M400 ~ M1000

このクラスでは世界で一番有名ともいえる万年筆でしょうね。いつでもかける、書きやすい、なめらか。当たり前のことがすべて1つ上のクラスで実現されています。ペンの大きさでM400, M600, M800, M1000 と細いものから太いものまで用意されています。M1000 が一番太く値段も高い。M400 はコンパクトで細身で携帯向き。

 Souverän - 万年筆

 

その上(8万円以上)

万年筆を知れば最後に行きつく先の一つがこのペンだということが分かるはず。

モンブラン マイスターシュテュック 149

万年筆は骨董品的なものも多く、その価格は上限知らず。ただベースモデルの実用で万年筆を突き詰めるとこれが万年筆ゴールの一つになるでしょう。太さから重さ、重心、ペン先の大きさから硬さしなりまで、書きやすくするために行きついたペンです。基本的にはペン先も大きく太く重量があります。もちろん書くためのバランスが整った太さと重さです。書くことに対するイメージが変わったとまでいう方もいらっしゃいますが、まぁ、価値を見出すのは人それぞれ。でも、頭に浮かんだイメージを紙に移す、シンプルなその過程において「筆者の思考を妨げない」筆記具の一つであると思います。

万年筆は持っていない人も多く贈り物としても面白いと思います。カートリッジなら手入れも楽ですし、なにより昔よりも技術的な進歩で、ペン先がいつの間にか乾いてしまって書けなくなる、といった問題が出にくくなっています。

自分用でも贈り物用でも、ぜひまずは試してみることをお勧めします。

 

広告