仕事でSurface Book を借りることができたので、ちょっとFF14 ベンチをとってみました。結果は簡単なクエストならいけるんじゃね?って感じですね。

セットアップでの注意

さて、じつはセットアップから問題が出ていて、動作に必要な Direct X9.0c のランタイムのインストール。SQUARE ENIXのサイトからリンクをクリックするとなぜかWindows 10のインストールページに飛んでしまう(おいおい、なおせよ)で、 DirectX 9.0c End-User Runtime をインストールしようとしてもOSのバージョン違いでインストールできない。互換性タブを使ってごまかしてもさすがにMicrosoft製、ごまかせなかった。結局このDirectX End-User Runtimes (June 2010) をインストールして事なきを得たが、この状態は良くないですね。

さて、さらにBookでベンチマークを取るときに若干気を付けないといけないことがあります。というのも、そのまま起動するとIntelのチップセット内蔵のグラフィックを使ってしまうのです。つまり普通のノートと同じ。Book のキーボード側に内蔵された NVIDIA GeForce を使うには右クリックして、こちらのGPUを使う設定を選ばないといけない。

ベンチ開始

で、ひとまずベンチ開始。設定はノートPCの高品質でDirectX9。所詮はノート用のGPUなので期待しすぎてもいけないので、このかいぞうど設定です。13.5インチだしそんなに高解像度になっても意味ないからね。結果は画面の通り7096.ギャザラーでなくても簡単なクエストならいけるんじゃね?って感じですね。PS3くらいって思えばいいのかな?

さて、Windows 10には録画機能というものがあって(くわしくはこちら)ゲーム画面を録画することができます。そんなわけでベンチ取ながら録画してみた(無謀)若干スコアは落ちているけど、滑らかさとディティールがどのくらい出ているかわかると思う。

;

広告