電力自由化に伴い、電気事業者の選定をしてみた。でなんとなくわかってきた各社の特性。

うちは40Aで平日も使用するし週末も夜も使う。なので特化型にはならない。そんな前提で各社の料金を調べてみた。実際kakaku.comなどで比較検討できるが、キャンペーン料金などで分かりにくくなってしまいそうなので自分で確認してみた。

分類

何社か調べてみたが大きく3つに分けられる。

  1. 基本料金が少し高めだが、従量料金が安い事業者
  2. 基本料金が少し低いが、従量料金が高い事業者
  3. 基本料金も従量料金も高いが、サービス併用で割引がある事業者

① 従量料金が安い事業者は電気使用量が多い人向け。

  • ミツウロコ:基本1123.2円、25.24円/kwh、ガソリンの割引あり
  • エネオス:基本1123.2円、25.75円/kwh、キャンペーンで2000円割引
  • 東京ガス:基本1123.2円、25.93円/kwh、ガスとの併用で基本料金が853.2円に(-270円)
② 基本料金安めは電気使用量が少ない人向け
  • HIS:基本1067.04円、28.44円/kwh
  • 東燃:基本1067.04円、28.43円/kwh
  • イーレックス:基本1117.6円、27.24円/kwh

③ サービス併用で割引

  • KDDI:基本1123.2円、29.92円/kwh

検討

ということうちはどう見ても① の従量料金が安い事業者がベスト。

電気料金比較

エネオス:一見1年で考えるとエネオスが安いのだが、初回だけ2000円引きが聞いているだけで2年目3年目となると料金は逆転する。1年ごとに変更すればより効率的かもしれないが、たぶん面倒になって変えないので長期的にみて考えた方がいいだろう。あとガソリンあまり使わないのその点でもエネオスはパス。kakaku.comでは一番で推奨されるんですけどね。

ミツウロコ:まぁ一番安いかも。このカテゴリの基準ですね。

東京ガス:従量料金はミツウロコより+0.69円/kwh となる。ただ月額270円の割引によって 390kwh まではミツウロコより安い。さらに、15ポイント/1000円のポイントが付きTカードや楽天ポイント、pontaなどに交換可能なので実質は最安になる。ついでに、ガスの配給をしているだけあって配給会社としても安定はするだろうし。

ということで、初めての電気事業者は東京ガスになりそうです。床暖もガスですし、お菓子を焼きたいためにガスオーブンも使っていますからね。

まとめ

多分こんな感じで検討すればよいかと。比較サイトはあくまで参考でやはり安いところは、その安い理由をちゃんとわからないと惑わされてしまう。そういう意味ではこうやって調べることで、本当に電気料金を下げて勝負しようとしているのか、電気料金ではなく自社サービスとの引き込みを強く推しているのかよくわかる。

まずは変更して1年はこれで様子を見ようかと。

広告