趣味のお菓子作り。しばらくやっていないとなかなか始められ無い。作ろうとする前にいろいろ邪念が入ってしまう。材料そろえるのがちょっと面倒。計量とか面倒かも。うまく焼けなかったらやだなーとか。実際作って失敗作になったこともあるので、しばらく作ってないとそういうことばかり思い出す。

で、いざ始めてみると体はしっかり覚えているもので、サクサク計量して、卵をボウルに入れてしまえばあとはいつものごとく。泡だて器で混ぜる生地の重さで今日の生地の癖が分かってくる。実際に計量やらバターのキャラメリゼといった下準備が終わってしまえば、作り始めてからは多分10分くらいで終わってしまう。この辺りは「基本にかえるならマドレーヌ」の理由。

WP_20160315_00_24_57_Pro_LI

焼きあがるころには、当初抱いていたもやもやはすっかりなくなっているわけで。結局大概の仕事も同じで、考えているうちは失敗する原因や不安材料ばかり思い浮かぶわけですが、資料作ってみたり、デモ作ってみたり、初めて見れば悩んだ部分はどこかに行ってしまい、正しいところでちゃんと悩むことになる。

WP_20160315_00_25_39_Pro_LI

案ずるより産むがやすし、またマドレーヌに立ち返って精進しましょう。チョコだよチョコ。

広告