さて、ビジネスでも重要なスマフォの一番大事な機能の一つであるカメラです。OSとしての標準機能のね。Windows 10 MobileはあまりOSのカスタマイズの余地がありません。つまりメーカーやデバイスが違っても、標準のアプリや機能はほぼ変わらないです。カメラも標準のものは皆同じで設定が異なるだけですね。

モード

モードというか機能は3つですね。

  1. 静止画撮影
  2. 動画撮影
  3. パノラマ撮影

wp_ss_20161208_0001.png

静止画撮影

フラッシュのon/OFFとHDR撮影のON/OFF(暗すぎや明るすぎの部分を補正してくれる撮影)、そしてタイマー撮影が標準のカスタム項目であり、>をタップするとさらにホワイトバランスや、ピント、ISO感度、シャッタースピード、露出補正があります。一番使いそうなのは一番右にある露出補正ですね。自動だと暗すぎたり明るすぎる画像を補正します。±1以上は逆に画像が飛ぶのでお勧めしないです。

wp_ss_20161208_0003.png

後はホワイトバランスですね。電球の明かりの時は使うかも。

wp_ss_20161208_0004.png

 

動画撮影

動画撮影では、LEDライトのON/OFFと、スローモーション撮影が出来ます。そのままだと全編スローモーションで撮影できるほかに、編集画面では映像のタイムラインのうちの一部分だけをスローモーションで再生することもできます。

wp_ss_20161208_0002.png

パノラマ撮影

標準機能としてパノラマ撮影が出来ます。右方向に水平に移動してみるとパノラマの写真を撮ることが出来ます。

wp_ss_20161208_0006.png

設定

設定で面白そうなのは長押しでのバーストモードを設定できます。押している間に連射します。集合写真で失敗したくないとか、動きのあるお子さんを撮りたいときに使えるでしょう。

wp_ss_20161208_0007.png

動画の設定は機種によって異なります。Lumia 950XL あれば、1920X1080/60fps の撮影もしてくれます。国内機もこの辺のスペックだといいのですが。

レイアウトが苦手な人はフレーミンググリッドで3分割法を選ぶといいでしょう。交差する点に人の顔などを合わせると、安定します。

広告