ここから何回かキーボードについて書いていきたいと思います。それくらいいろいろ機能があってよくできているキーボードです。

言語切換え

まずは言語切換えの方法ですが、結論から言うとこれは旧スタイルにすることをお勧めします。

標準状態での言語切換えはスペースキーにその表示がありますが、スペースキーの上で左右にスワイプすることで言語が変わります。ほとんどの言語のキーボードはQWERTYキー配列をもとにしているため、スペースキーも常に同じ場所にあるため切り替えはしやすいです。

しかし、日本語のテンキーはその例外で、完全にキー配列が異なります。そのため、言語切換えようのキーも左端にずれてしまいます。こうなるとキーボードごとに切換えボタンの場所が異なり非常に使いづらいです。ですので古い切り替えキーを使う方法をお勧めしたい。

wp_ss_20161211_0013 wp_ss_20161211_0014.png

キーボード関連の設定

言語切換えの方法は設定のなかのデバイス内のキーボードの項目にあります。が面倒なので、左下の・・・が付いたキーを長押しして、歯車のボタンを押せば設定に飛べます。そこで「言語切換えキーを表示する」にチェックを入れると言語切換えボタンが出来ます。

wp_ss_20161211_0005.png wp_ss_20161211_0006.png

そのほか画面サイズが大きい機種には、キーボードサイズを変更するオプションもあります。各言語のキーボード用に個別に設定もあります。

英語はスペルチェックや入力保管機能が充実しています。日本語は変換候補の表示を1段か2段にするとかがあります。

wp_ss_20161211_0009 wp_ss_20161211_0010

日本語設定の中に、マルチタップとありますが、これはいわゆるテンキー打ちとかポケベルうちとか言われているやつですね。マルチタップガイドとは、テンキー打ちをしたときに横にそこで打てる候補がリスト表示されたものです。

wp_ss_20161211_0012.png

さて、続いてはカーブフリック、その次がWord Flow ですね。

広告