さて、環境も使い方もだいぶ固まってきたので、いよいよアプリを集める時間です。もちろんアプリはWindows Store からダウンロードします。さてストアです。アプリはちょっとまだ足りないですが、主要なアプリはだいぶそろってきています。

wp_ss_20161223_0002.png

マルチデバイスでアプリが使える

ちなみにデバイスのアカウントと、ストアのアカウントは異なるアカウントを設定することが出来ます。PCとWindows Mobile とでログインアカウントは異なるけど、ストアのアカウントを共通にすることもできます。そうすると購入済みのアプリはどちらのデバイスでも利用することが出来ます。確か最大10台までだったはずです。

wp_ss_20161223_0003.png

個々からはアプリを探してインストールするだけです。とくにこれと言って機能があるわけではないですが。例えばおすすめアプリをまとめたコレクションなんてものがあります。水晶アプリがまとまっているので結構いいアプリとヒットします。

wp_ss_20161223_0004.png

マイライブラリ

ストアを利用するメリットはアプリの管理です。マイライブラリにはこれまでダウンロードしたアプリがすべてまとまっています。

wp_ss_20161223_0005.png

ですので、ここから新しい環境で既存のアプリをまとめてダウンロード&インストールすることが出来ます。

そしてずっとWindows Store を使っていると、膨大な数のアプリが過去に登録されており、アプリを選ぶものも一苦労になっていきます。実際一度使ってそのあと二度と使わなかったアプリも沢山あるはずです。

そこで今のストアでは、マイライブラリのアプリ一覧から指定したアプリを隠すことが出来るようになっています。やり方は簡単で、目のデザインをした隠しボタン/再表示ボタンがあるのでそれを押せば表示非表示を切り替えることが出来ます。

ちなみに、ボタンの表記は機能を表します。ですから目のアイコンに 停止のアイコンがあった場合は、表示アクションとなりまた眼だけのアイコンは非表示から表示する機能のアイコンです。

wp_ss_20161223_0008.png

なお、すでにデバイスにインストールされたアプリは管理上隠すことが出来ないため、隠しボタンはありません。また、すでに古いOS用のアプリを使われている場合は、日表示アイコンがすべてついているはずです。

やっと無駄なアプリを隠せるようになりました。

 

広告