さて、またお勧め万年筆をお勧めします。

img_3005


気軽に始める低価格帯

この価格で万年筆がある事を知らない人も多いかと思います。でも安いから悪いのではなくハイエンドの技術はちゃんと反映されていて満足できるものが多いです。

多色と太さの違いも楽しみたいPlatinum Preppy 250円前後  低価格帯一押し

200円台で買える万年筆ですが、ペン先も滑らかで非常に書きやすいです。そしてキャップもスクリュー式ではないので簡単。色も多く更にペン先もEF,F,M(=0.2,0.3,0.5)と選べます。1年たってもインクが乾かないという技術でいつでも安心して書けます。

子供用だからこそ書きやすい Pilot Kakuno 800円前後

子供向けでペンの持ち方を正しく学べるコンセプトですが、これもやっぱり使いやすく書きやすいので子供用とか気にせずお勧めです。

kakuno_cap off.jpg


頼れる1本が探せる中価格帯

常用したい1本がある価格帯がこれ。毎日使う為に使いやすい物や、練習用、更によりスタイリッシュなものなどさまざまなバリエーションがあります。

さすがペリカンの系譜 Pelican Pelicano Jr. 1,600円前後

こちらも子供用のコンセプトですが、とにかく書きやすいので好きです。三角のグリップがまた持ちやすいのでお勧め。

Pelikano® Junior- fountain pen by Pelikan

万能!これに尽きるLamy Safari 2,300円前後 中価格帯一押し

サファリのどこにいてもいつでもちゃんと書ける、というコンセプトのSafari。ペンの太さもちょうどよくペン先も滑らかで書きやすいです。一押しです。毎年限定の新色が出るのも魅力の一つです。

スタイリッシュ万年筆入門 Pilot Cocoon 2,500円前後

その名の通り繭をイメージしたというデザインのCocoon。スタイリッシュな自分のための1本を欲しい方にはお勧めです。

FCO-3SR-TI(ペン種)


自分専用を探したい高価格帯

普通の万年筆のイメージはこの辺かもしれません。様々な技術を取り込んだ書くための最高峰の道具になっています。金ペンやインク注入式など上位クラスのスタイルもこの辺りからスタンダードになっています。

日本におけるThe 万年筆なら Pilot Custom 74 7,500円前後から 高価格帯一押し

日本における The 万年筆を選びなさい、と聞かれたら間違いなくこれでしょう。カスタム74は長く親しまれてきた万年筆です。このクラスからはペン先も金を使っており滑らかで柔らかい書き味が体感できます。一生モノの1本が欲しいならまずこれをお勧めします。

FKK-12SR-BC

書くことにこだわりたいなら Platinum #3776 センチュリー 7,000円前後から

パイロットが Custom 74ならプラチナはこの#3776 センチュリーでしょう。富士山の標高から取った3776。大きなペン先はたくさん書く人にとってはこの上なく使いやすいペン先です。色やペン先のバリエーションも豊富な点も魅力です。

万年筆の技術革新 Pilot Capless Degimo 11,000円前後から

万年筆はキャップを外すのが面倒。メンテも面倒。そういう人に知ってほしいキャップレスデジモ。ノック式で1ノックでペン先が奥から出てきます。勿論書き味にも妥協はありません。手帳と併用するのがいいでしょうね。


一生モノの1本を探したい超高価格帯

もう趣味というかコレクターの域ですが、万年筆は飾るものではなく書くもの。多くの方が持ち歩いて使っています。長い歴史を持ち子から孫へ引き継がれるなんて話もよく聞きます。メンテナンスをすれば何十年も使えるのが万年筆です。

一生持ちたい1本なら Pelican スーベレーン 25,000円前後から 超高価格帯一押し

世界で一番有名でユーザーも多い万年筆の一つでしょう。ペン軸の太さ別に細い方から M200、M400, M600, M800, M1000 とあり太いものほど高いです。が性能は同じ。書きやすいですし、金のペン先は安定して書ける安心感があります。これは間違いなく一生もの。細めなら M400, たくさん書く人は M800 や M1000を。

スーベレーン に対する画像結果

万年筆の帝王 モンブラン マイスターシュテュック149 80,000円前後から

かのヘミングウェイも愛したといわれる長い歴史を持ち、万年筆の帝王のように扱われている1本。ただ万年筆は日用品です。書くための道具です。ですからユーザーもみな普通に使っていますし、普通にたくさん書く人のためのペンです。一定の量のインクが確実に、しばらく使ってなくても何事もなかったかのように書けるペンの安心感は群を抜いています。速記をしてもゆっくり書いてもしっかりと書けるこのペン。書き味は少し硬めではありますが、むしろ日本語を書くには良いかもしれません。

モンブラン マイスターシュテュック149 に対する画像結果

趣味、実用、どの面からも楽しめるのがこの万年筆という道具です。自分に合った使い方で付き合ってほしいところですね。

広告