無印良品の万年筆にインク注入


ここ最近で自分の中で大ヒットした無印良品の万年筆は欧州標準タイプのカートリッジ対応の万年筆です。でもせっかくこんなに素晴らしい万年筆は好きなインクで使いたい!

アルミ丸軸万年筆 ファイン・黒インクカートリッジ1本付

DSC03138.JPG

そこで用意したのは、互換タイプのペリカンのインクカートリッジで空になったもの。ロングタイプなのでたっぷりインクが入ります。無印良品の万年筆はちゃんとロングタイプも対応しています。カートリッジはしっかりと水で中まで洗って乾燥させておきます。

IMG_20170821_220826.jpg

それからインクを注入するためのスポイトを用意しますが、欧州互換カートリッジの入り口は細いのでノズルの細いものが必須です。私は太かったのであぶって伸ばして先を細くしちゃいました。

10ml インク注入用 注射器

後はスポイトでインクを吸ってカートリッジに注入するだけ。溢れないように残り1cm弱は残しておきます。スポイトで2回くらいで満タンになりました。今回は知り合いから頂いたKobe Ink 物語の北野オリーブグリーンを使用。お気に入りのペンとお気に入りのインクで、今最高の一本が出来ました。

IMG_20170821_221438 (2).jpg

コンバーターもありますが、それよりもインクがたくさん入るこの空カートリッジだけ発売してほしいものです。尚コンバーターはペリカンのものが使えそう。

ペリカン 万年筆用インクコンバーター

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。