ガラス面越しに撮影するときの映り込み防止フードの改良版を作る


ガラス面越しにカメラで撮影するとどうしても室内の光がガラス面に写りこんでしまいます。そのための製品はあるのですが、ちと高い。ということで、それを自作する型を作って公開されている方がいらっしゃいました。

車窓撮影用フードの型紙

でも、印刷して、縫ってって結構敷居が高いんですよね。なので印刷も裁縫もいらない方法を。

  • 100円ショップのクッションケース(B5サイズ) 100円
  • マジックテープ(ベルクロ) 100円
  • NITTO 両面テープ 5015   約350円
  • 油性のマジックとか定規とか
  • ハサミとかカッター。ハサミはラウンドブレードのものがお勧め。

このNITTO の両面テープがポイント。ポリエチレン、ポリプロピレン、発泡体など通常の両面テープで苦手な奴でも対応できる優れもの。DIYやるなら絶対にもっておけ!って代物。

作り方

まずはクッションケースをカットして開きます。

1

続けて、中心折り目の下から6cmのところから斜めにカットします。

2

ここから円を描く方法があればいいのですが、ひとまず中心から放射状に5cmのところに印をたくさん書いて適当に線でつないでカットします。実際これで十分な精度です。

3

円をカットしたら、表と裏の斜めの辺に両面テープ(NITTO 5015)でマジックテープ(ベルクロ)を接着します。しっかり押さえてつけましょう。

4

最期に、2つ折りにして大体丸になるように大きくカットです。ただ実際はこれかっとしなくても十分使えるんですよ。

5

これで終わりでもいいのですが、上画の折り目に沿って3,4cm カットして、その両サイドにマジックテープの硬い方を両面テープでつけて、マジックテープの柔らかい方を横向きにカットしたスリットが開かないように留めておきます。これでレンズの口径が大きいレンズでもスリットを緩めて使うことが出来ます。

6

こんな感じ。

edf

使用前と使用後。手前の部屋のルームランプがまるで向こうの部屋のルームランプの様にくっきり表示されてしまっていますが、全部映り込みでした。

DSC03312DSC03313

 

 

ガラス面越しに撮影するときの映り込み防止フードの改良版を作る” への2件のフィードバック

追加

  1. 油性のマジックとありますが、油性のマーカーもしくは油性のペンです。
    マジックは、マジック(手品)のようにインクが出てくるというところから
    マジックインキという商品名にしたんですって。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。