Gペン万年筆


PILOTだったか、フォルカンという万年筆がある。ペン先がものすごく柔らかいため力を入れるとペン先が広がり自由に太さを変えた線がかける。

その姿はまるでGペンのよう。そう、そして万年筆フリークの方はすでにGペンを使ってフォルカンを自作することに成功していた。本来であればGペンにあったペンを探さないといけないところだがもうすでにそれは確立されていた。

ペンは中国製のJINHAO。なんと安いものなら500円位で変えるペン。はじめからコンバーターも内蔵されているから驚き。そしてPILOTのGペンがそのまま使える。

edf
材料はGペンとJINHAO の万年筆

万年筆の手入れをしたことがある人なら、交換はそれほど難しくはない。ペン先を引き抜いてニブをGペンに交換するだけ。空気用のスリットの一番最初とGペンのスリットが合う位置で指すと良い。

edf
ペン先を引き抜いてGペンに交換する。

完成した姿はまさにフォルカン。

edf
材料はGペンとJINHAO の万年筆

筆圧をかければ太くなる面白いタッチができるが、難しいといえば難しい。すぐにインクも枯渇する。

edf
強弱のかけ方が難しい。

結局調整してインクスリットにヤスリを入れて少しフロー増やした。2000番位のヤスリでペン先の引っ掛かりも減らす。カリカリした音はGペンらしいといえばらしいが、紙によっては引っかかるのでスコになめらかに。

Kobe Ink 物語の須磨離宮レッドを入れてみた。はじめはピンクのような明るい色だが乾くと赤ワインのような深い色が出て美しい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。