似てるようで結構違った、2つの Microsoft Keyboard


先日出張したときに、自分用と妻用にMicrosoft のBluetoothキーボードを買ってきました。アイソレーション キーボードは好みが分かれるところですが、VAIO始まり Surface を使っているのですっかり慣れてしまいました。なので今回はこちらです。

さて、この2つのキーボード、見た目そっくりなんですが実は別の商品です。

どう見ても同じ商品にしか見えない

見た目以上に、名前(ブランディング)も結構違っています。このデザインのマウスやキーボードは大概 Surface ブランドですが、上の方は Microsoft キーボードになっています。

どちらも、Bluetooth キーボドで、私もほとんど同じだろうと思っていたんですが、実はいくつか違いがありました。ちなみに、下の方はSurface ブランドになっていますが、Surface Studio に同梱されているキーボードはこちらです。

指紋認証

はっきりと違いを言っているのは、Fingerprint ID。そう、指紋認証機能がついています。ぱっと見わかりにくいですが、右側のWindows キーのところが、代わりに指紋認証キーとなっています。Windows Hello を使ってここに登録した指を乗せればログインすることが出来ます。

バッテリー

これは知らなかったんですが、Modern Keyboard の方は電池ではなくて内蔵の充電池でした。そしてSurfaceキーボードの方は単4電池2本です。

充電式と電池式がちがってた

ただこれはどちらが良いかは言えません。充電すれば電池交換不要なのは良い点ですが、逆に電池交換すればすぐに続けて使えるのは電池式の良いところ。特にデスクトップで使っている場合は、それほど大きな違いではないですね。

USBキーボードとしても使える

これも知らなかったのですが、Modern Keyboard の方は充電用にUSBケーブルが付属していました。コネクタは残念ながらMicroUSBです。

付属のMicroUSBケーブル

そして、驚いたことにUSB接続してUSBキーボードとしても使うことが出来ます。これは嬉しい誤算でした。

私の環境はマウスもキーボードもBluetoothです。そのため、Bluetoothの調子が悪かったり万が一、設定画面でBluetooth をOffしようものなら、そのあとPCを操作することができなくなります。そのたびにUSBキーボードを机の奥から引っ張り出してきて、苦労します。UBS接続すればすぐに使えるのは嬉しいですね。

ということでModern Keyboardは私が

さて、どっちがどっちのキーボードを使うか考えてわたしがModern Keyboardを使うことにしました。

決めては最後のUSBキーボードですね。 妻のマウスはUSB だし、モニターもタッチが使えるのでBluetooth オフでも全く問題なしですし。この辺含めて彼女のマシンのほうがスペック高いのでw

それにしても机が広くなったのが嬉しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。