【R1ハワイ04】Day 1 レンタカーは日本から


さて、ハワイ島に無事到着です。それにしてもハワイ島の空港は空港に見えないです。ただのお土産物屋が集まっているようにしか見えないw

レンタカーは必ず早めに日本で予約

空港についたら、荷物を受け取ってその足でレンタカーを借りに行きます。借りに行くと言うか受け取りに行く、感じですね。

レンタカー

観光地の島のレンタカーは、現地で借りに行ってもすべて予約済みで借りられないこともあります。直前になると価格が上がることもあり、できる限り前もって日本から取っておきましょう。

うちはいつもHertzです。無料でGOLDメンバーになれて、追加オプションが色々あるので。空港で借りるのも大手が楽ですし。

Hertz を選ぶ理由

まぁ、格安なレンタカーもありますが、ちょっと現地で1日借りる場合など以外は大手のものを使ったほうが良いことが多いですね。

  • 空港近くに事務所がある
  • 保険は基本的なのがついている(結果的にコストダウン)
  • トラブル対応窓口もしっかりしてる(以前使いましたw)
  • 時々アップグレードされる(運転しづらいので断るw)
  • ガソリン満タン返し不要
  • 国際免許取得不要(地域限定、Web手続き必要)
  • 受付無しで車受け取り

まず一番嬉しいのがアメリカとかなら国際免許を取りに行かなくてもいいということ。Webで手続きして、日本の免許とハーツで作る「免許書の翻訳」の書類を1枚を印刷して持っていくだけ。これだけでもハーツを使う理由として十分(あ、でも他社は知らないw)

そして、現地で受付不要なのは去年知りました。窓口に並ばなくていいのです。受付事務所の入口には予約済みのGOLDメンバーの名前と車の番号があるので、勝手に車に乗っていけます。(駐車場出るときに受付チェック)

「Hertz GOLD Board」の画像検索結果

コンパクトで十分!

去年も今年も Nissan Versaでした。いつも一番小さいコンパクト指定なので。コンパクトと言っても普通のセダンなので十分です。とにかく車が大きいと駐車場に止めるのが面倒ですからねw

関連画像

海外で走るには必要なクルーズコントロールもしっかりついています。ひたすら真っすぐハイウェイを走るときにはこれが便利です。使っていると自動走行に向かうのもわかる気がします。

日本から準備して行くべきもの

GPSを借りる人はいいのですが、そうでない人はスマフォでナビとなるので、スマフォをダッシュボードに固定するものは持っていったほうがいいですね。

エアコンの吹出口に指す、この手のタイプはだいたい万能ですね。つけ外しもマグネットでかんたんです。ケースと本体の間に付属の金属板を挟んでおくだけでいいので、この辺も楽。

それから、アナログオーディオケーブル。最近はBluetooth でスマフォの曲をかけられる車も増えましたが、そうでない場合でも、AUX端子は大概ありますから。3.5mm端子のないスマフォは変換ケーブルも忘れずにw

忘れると、どうしても我慢できないときは現地で買うことになりますが、だいたい無茶高いんですよ。何度かかったことがあり、最近はちゃんと忘れないように気をつけていますw

【R1ハワイ04】Day 1 レンタカーは日本から” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。