Oculus Quest の進化が止まらない


Oculus Connect 6 数多くの発表がありましたが、Oculus Quest の新機能(今後追加されるものも含む)がすごいことになっています。

今のVRデバイス事情

PC VR

Oculus Rift が VRを世の中に広めたデバイスでしょう。そして HTC VIVE によって更にVRが加速していきます。現在多くのVR系の体験イベントで使われているのは HTC VIVEでしょう。Windows Mixed Reality もある意味同列です。

「VIVE Oculus rift」の画像検索結果

これらはハイエンドPCと有線で繋げないと使えない、という欠点がありました。

ケーブルに繋がったVRゴーグルのイラスト

Oculus GO

2018年5月、ここに登場したのが Oculus GO。スタンドアロン型のVRデバイス。簡易的なリモコンもあります。

「Oculus go」の画像検索結果

これが大反響を生みます。欠点は非力であること。そして空間内を動き回ることが出来ない。コントローラーも方向を示すだけ。なので座って/寝ながらコンテンツを見るデバイスという使い方ですね。ゲームとか体感系は少し限定的です。

VRゴーグルのトラッキングのイラスト(3DoF)

Oculus Quest

そして、2019年5月に出たのが Oculus Quest。

「Oculus Quest」の画像検索結果

GOと同じようにスタンドアロン VRですが、空間内で動けるようになりました。

モーションコントローラーもついてて、PC VR と同じ操作/体験 ができるようになりました。

欠点はやっぱり非力であること。でも、それよりPCなしで、PC VRとかプレステVRみたいな体験ができるなら、こっちのほうが全然いいですよね。なので今VR業界はすべてこの Quest に合わせてコンテンツを作り直してます!

高品質PC不要空間移動モーション
コントローラー
PC VR/PSVR×
Oculus GO
Oculus Quest

今回発表された進化

まず Oculus Link という機能。Oculus Quest をUSBでPCに接続すると、PC VRの Oculus Rift のコンテンツを使うことができるようになります。つまりよりハイエンドなVRゲームをやる時はPCにつないで楽しみ、自由に動き回ったりPCから離れたところでコンテンツを楽しみたい時はスタンドアロンで使えるのです。

photo

ときにはフルPC、時にはモバイルとして使えるVR。最強です。

それから、今後のアップデートでモーションコントローラーなしに自分の手で操作できるようになるらしいです。

 fingers 2

HoloLens でやっていたような手による操作、それもHoloLens2 でやっている手の形状を認識して、掴む、指す、といったことができるレベルです。コレはすごい。

HoloLens でも感じましたが、細かい正確な操作はモーションコントローラーのほうが精度を出せますし、ボタンやスティックを使ってのメニュー操作もモーションコントローラーがあったほうが効率的ですが、操作がシンプルなら手でも十分ですし、手での操作は手軽で直感的です。

この技術力とそれを実装してくるスピードは本当に素晴らしいですね。そしてこれが5,6万で買えるのが素晴らしいです。

しばらくは Oculus Quest 、そして期待されるAR

今回の発表はスタンドアロンVRの欠点を凌駕するだけでなく、更にコレまで出来なかったハンドトラッキングも盛り込んできました。すでにFacebook はARのグラス開発も表明しており、今回のハンドトラッキングの技術は間違いなくそちらでも使われることになるでしょう。

「Oculus AR」の画像検索結果

コンテンツの普及も含め、VRはしばらく Oculus Quest が大きなアドバンテージを持っていきそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。