Office 365 Home 更新


この記事の中身

  • Office 365 をプロダクトキーを使って更新する方法
  • 国ごとのOffice 365の違い
  • Office 365 のサブスクリプション変更時の注意
  • 別の国で更新する際の注意点

Office 365 の更新期限間近

Office 365 Home がそろそろ期限切れなので更新しました。

ただ、定期購読でもなく、現金購入でもなく、以前買っておいたサブスクリプションのプロダクトキーがあるのでこちらを使用します。

アカウント管理

まずはMicrosoft アカウントの管理ページから確認します。

https://account.microsoft.com/services/

プロダクトキーを使うときはこのお支払とご請求から

ここでようやく支払い方法に「コード」が現れます。毎年買ってコードを入れるって少ないんですかね。というよりサブスクリプションなので、定期購読に持っていきたいんでしょうね。

ここで、ようやくプロダクトキーを入力します。

持っているプロダクトキーが有効かどうか調べる方法を探したことがあるのですが、ここで入力すればすぐ確認できます。 こんなふうに即座に確認できますから。

プロダクトキーは一度使ったら二度と使えません。なんの認証もないので、誰かに使われたら終わりです。オークションなどで購入するときは十分注意しましょう。正規な方法で取得したらならトラブル時も返金等出来るかもしれませんが、 個人取引などの場合は難しくなりますからね。

Office 365 は国ごとに違う

ちなみに、Office 365 は国別で管理されています。実は国ごとにOffice 365の製品の種類もちょっと違っていたりします。

見ると米国の365のほうが個人用、家族共用と2タイプあって選びやすくなっています。

製品Office 365 Solo Office
Personal
2019
Office 365 Home Office 365 Personal Office
Home & Student
2019
JPJPUSUSUS
契約年契約永続年契約年契約永続
価格12744円/年32,184 円 $99.99/年 $69.99/年 $149.99
ユーザー数11611
台数無制限2無制限無制限 1
Word Excel PowerPoint
Outlook
Outlook
Publisher
Access
OneDrvice 1TB

 

さて、事情でUSのOffice 365を日本でセットアップする場合に、このプロダクトーキーを入れるときには、国別判定がきいてしまイます。そのため、別の国でプロダクトキーを入れるとこんなエラーが表示されます。

この場合どこで国判定をしているのかというと、Microsoft アカウントに設定されている国ではなくて、ライセンス認証時の物理的な場所(ネットワークによる判定)になるようです。

まぁ、なのでどうしても長期出張時などでどうしても別の場所で認証をせざるを得ない場合は、ブラウザ拡張機能のTouchVPN などで対応するしかなさそうです。

日本のSoloからHomeに変更するには

それから、今は日本でSoloを使ってて、海外に移動するためにHomeに変更したい、なんて場合ですが、コレがすんなりWeb上で出来なかったんです。

そのため、以前Office のサポートに聞いたところ

「国を変えるサブスクリプション変更の場合、前のサブスクリプションがキャンセルされていないと新しく登録が出来ません」

と言われました。そして前のサブスクリプションの期限が切れていても、継続契約の待機期間が有りその期間内も変更ができないとのこと。

ですので、すぐに変更したい場合には、サポートにお願いしてその時点でサブスクリプションを強制キャンセルしていただき、その後新しいサブスクリプションを登録することになりました。

注意ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。