DJI Osmo Pocket のホルダー


コンパクト ジンバルビデオカメラ?で沸騰中の DJI Osmo Pocket 。コンパクトで非常に良く出来たデジタルビデオカメラですが、日々の運用をするときに色々困ることがあります。

  • 三脚穴がない
  • そしてUSB-C端子は本体の底にある
  • PCに転送する際に電源をONしないといけない
  • そして電源をONするとカメラが(初期設定用に)ぐるぐる動く
  • カメラが引っかかるとエラーが出る

つまり、PCに転送しようとしてUSBケーブルを繋いで、机において電源を入れるとカメラがぐるぐる動き始めて、でも机にあたってうまく動かずにエラーになると。このへんってYoutuberの人ってどうしているんだろう?って思ってしまいます。たまに転送するときだけだから気にしないのかもしれないけど。

色々発売はしている

サードパーティーから色々発売されていて、本体下につける足のようなものが会ったり、そこからUSB端子を横に出せたりするなど。純正のワイヤレスモジュールもある。(そもそも本体内にWiFiがないのも残念なところなのですが。)ただ、本体がコンパクトなことがこのデバイスのメリットなのに、色々取り付けてしまうのはなんか逆説的。

じゃぁ、かんたんにホールドできるスタンドでもあればいいじゃんというのが発想の元です。こういうのあるのかな?と思ったけど以外にない。まぁやっぱり需要がないのかな?と。なのであり物組み合わせて作ってみました。( ホールドしているところの写真を撮り忘れた! )

材料

両方合わせても 2000円しません。このホルダーがちょうど DJI Osmo Pocket を挟むのに良いサイズなのです。開いて挟むだけ、かんたんです。このまま自撮り用のスタンドにも使えます。三脚のように場所を取らないのが素晴らしいところ。

自作撮影用ホルダー

マイクホルダーが便利なので、更に持ってた部品を組み合わせて、スマフォをモニターとして使うときのホルダーを作ってみた。

片手持ちで、スマフォをモニターとして使いながら DJI Osmo Pocket での撮影をすることが出来ます。スマフォを使いたい時用ね。普通は単体で使うものだから。

こうなるとスマフォ&コンパクトジンバルとあまり差がなくなってしまいますがw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。