ストレージとともに大事なのはバッテリーです。いざというときに使えなければどんな高機能なデバイスでもダメダメです。

画面上部でバッテリーの状態は確認することが出来ますが、詳細な残量を数値で見ることが出来ません。もし数値で見たい場合は、画面上からスワイプしてアクションセンターを表示してください。(実際に完全にアクションセンターを表示しなくても、スワイプすると2段目に数値が表示されます)

wp_ss_20161205_0001

そのほかバッテリーに関する管理は設定→システム→バッテリーから操作することが出来ます。例えばバッテリーがある程度下がるとバッテリー消費を抑えるために機能の一部を制限する「バッテリー節約機能」これの動作設定は行っておきましょう。

wp_ss_20161214_0008.png

また、バッテリーメーターの下の「アプリによるバッテリーの使用」をタップすると、どのアプリでバッテリーを消費しているかわかります。なお、これはアプリを使えばもちろん使用量も増えるため、自分がたくさん使っているアプリは当然使用量が多くなります。

実際にこれを見ながら、アプリの利用方法を考えたり、無駄にバックグラウンドで動いているアプリを止めたり、といった管理ができます。

wp_ss_20161214_0010.png

時々チェックしておくといいでしょう。

広告