Amazon.com 返品 2019


先日Amazon.com でケーブルやら充電器やらを購入したのですが、残念ながら1つが全く使えませんでした。ということで今回は初のAmazon.comへの返品です。

1. まずは返品処理を開始する

Webからやることは日本のamazonでの返品処理と特に大きな違いはありません。まずはオーダーから「Return or replace items」を選びます。ちなみに個々に書かれている日付までに処理しないと返品ができなくなってしまうのは日本と同じですが、

勇気を持って返品してみよう

2. 返品の理由

複数まとめて購入するときは次の画面にチェックを入れて、そこで理由を選びます。理由の系統もだいたい同じです。だいたい太字が選ぶ理由でしょう。壊れている/間違っている。どちらかですね。

  • No longer needed:都合により必要がなくなった
  • Inaccurate website description:サイト上の説明と違った
  • Item defective or doesn’t work:※ 商品が不良品または動作しない
  • Bought by mistake:間違えて注文した
  • Better price available:Amazon.com 以外でより安い商品を見つけた
  • Product damaged,but shipping box OK:※梱包は問題ないが、商品が破損していた
  • Item arrived too late:※商品の到着が遅すぎる
  • Missing or broken parts:※部品が足りないまたは破損している
  • Product and shipping box both damaged:※商品と梱包が破損していた
  • Wrong item was sent:注文した商品とは違う商品が届いた
  • Received extra item I didn’t buy(no refund needed):購入していない商品が余分に入っていた(※返金の必要はない)
  • Didn’t approve purchase:注文した覚えがない

ちなみに※がついているもの以外は日本のアマゾンでの返品理由です。梱包と商品どちらが壊れているというのを細かく分けてるのは、責任範囲を明確にしたいのか、改善のためなのか、この辺は文化が出ますね。

壊れた、違うものが来た、だいたいこの辺ですよね

さてここで、理由を言葉で書きますが、日本語で考えて Google 翻訳でいいでしょう。壊れているなんて、選択した理由そのまま書けばいいのです。難しいことを書く必要はありません。終わったり右上のContinuボタン。

難しいことは書かなくていい。

3. 返品・返金を選ぶ

このあとはどうしてほしいのか選びます。相談したいというのもありますが基本は3択ですね。

返品、返金どちらか
  • 交換:代わりの商品を送ってくれます(選べないときもある)
  • アマゾンポイントに返金(返品が到着したらすぐに返金)
  • クレジットカードで返金(返品到着後7日以内)

対応方法を決めたらSubmitで進めます。

ちなみに、私が交換を選んだところ、こちらの荷物が届く前に荷物が発送されて、なんと2日後には交換の商品が届いていました。交換はUPSで送られていましたがもちろん追加費用無しです。Amazonすごいな。

4. 返送用のラベルの印刷

この辺のラベルも日本のアマゾンと同じです。上の方にある Print label & Instructions で進めます。国際郵便で発送できるように印刷する用紙が日本よりも多いです。

  • Return Mailing Label(返送用ラベル)
  • Commercial Invoice (送り状)2枚
  • Return Authorization Slip(返送用のアイテムバーコード)
フォームは違いますが基本的には日本と同じです

5. 梱包する @梱包作業

基本的に送料はAmazonが出してくれるので送ってきた箱などで梱包すればOK。箱の中に Return Authorization Slip(返送用のアイテムバーコード) を必ず入れてください。

  • Return Mailing Label(返送用ラベル)に自分の住所を書く
  • Commercial Invoice にはキャリアとしてEMSと書く
返送用ラベルに氏名と住所を書きます

住所の記載は、こんな順ですね。もちろん全部アルファベットと数字のみで。

  1. 氏名
  2. ○番-○号 町名, ○丁目
  3. 区市町村名, 都道府県名

例えばこんな感じです。実際丁番地はまとめてもOK。日本に配送されるときはちゃんと日本の配送業者が理解してくれますから。

  • Shinobu Takahashi
  • 16-3 konan 2-chome
  • miato-ku Tokyo
  • 108-0075
InvoiceにはEMSと記載

そして、2つのラベルに記入して梱包の箱の外に貼ります。

気になったので透明のガムテープを全面に貼っちゃいました

6. 発送 @郵便局

①返送する品と ②余ったもう一枚のCommercial Invoice 、を持って郵便局に発送に行きます。郵便局のサイトでは、各地の郵便局でどのサービスが対応しているのかわかるようになっています。念の為海外発送サービスをやっているか予め調べておきましょう。

あとはEMSラベルの記載に従って、 Commercial Invoiece の内容を記入します。自分の住所は返送用ラベルに書いたのと同じパターンです。ちなみに返送先の州KYは Kentucky です。

基本的にCommercial Invoice からわかるところだけ書き写します

で、①記入したらラベルと、②Commercial Invoice と、③発送する商品 を窓口に渡して発送手続きです。料金はひとまずこちらで払います。ちゃんと料金をチェックして、配送番号もチェックして持ち帰ります。

7. 発送連絡

最後に発送したことと、配送番号、そして料金を伝えます。こちらのサイトに行くと今返品中の商品が出てくるはずです。

https://www.amazon.com/gp/help/customer/contact-us

その下にあるTell us more 欄で以下を選択します。すると③つのボタンが現れるので、E-mailを押してメールを送信します。

  • Return and refunds (返品と返金)
  • How to return an item (返送の仕方について)
お問い合わせからメール送信を引っ張り出す

Emailを押すと以下の送信画面が現れるので、メールを送ります。こんな感じでいいでしょうね。

Hello
I have sent the return item by EMS.

EMS Tracking Number is EMSの追跡番号
https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/index_en.html

shipping cost
2000 yen in Japanese yen
http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/ems_all_en.html

Could you refund my return packaging postage to my credit card?

Regards,
自分の名前

この番号で、送料いくらかかったから、振り込んでね、とお願いしましょう

あとは待つだけです。コンビニが使えないのと、日すがかかること、インボイスやら返送用のラベルを貼るなどちょっとだけ面倒なこともありますが、でも宅急便を送る感じでなんとかなります。

この後日、メールが帰ってきてたのですが、郵便局の配送料金の確認のために、レシートを撮って送ってくれと言われています。ので、2000円の領収書を添付して返信するので、領収書はちゃんと保存しておきましょう。

海外に返品なんて無理!なんて思って諦めるよりもやってみたほうがいいですよ。

Amazon.com 返品 2019” への4件のフィードバック

追加

  1. 初めまして。ブログ拝見させていただきました。
    先日アメリカのアマゾンから購入したところ、破損が見受けられ返送を検討しています。
    こちらのブログ通りに試みたのですが、アマゾンの仕様が変更されたのか、電話のみの対応になっているようです。
    現在の返送方法を教えていただけませんでしょうか?
    お手数おかけしますが、ご教示いただけますと幸いです。
    よろしくお願い申し上げます。

    いいね

    1. 最後の7番の発送連絡のところでしょうか?
      今の私の画面だと(特に購入しているものがないので)Chat か Phone かという画面になっています。

      いいね

    2. コメント有難うございます。

      メールが使えないというのは、最後の返送費用の連絡の部分でしょうか? こちらで確認してみたところ確かにメールボタンがグレーアウトして押せませんでしたが、チャットは使えるようです。

      チャットについては、相手のほうがずっと返事を待ってくれますし、その都度、相手の英語をGoogle 翻訳などで変換してやれば、十分会話ができるかと思います。

      チャットを選び、もともとメールで送るはずだった文章をコピペしてチャット画面に入力すれば、相手もそれでわかってくれると思います。

      相手の返事の意味がわからなかったら、

      日本語がわかる人に変わっていただけますか?
      Can you change to someone who understands Japanese?

      とかいえば、もしかしたら日本語がわかる方に変わってくれるかもしれませんし(ちょっと望み薄ですが)

      あなたが言ったことが理解できません。もっと簡単に言っていただけますか?
      I can not understand what you said. Could you tell me more easily?

      とか、いえばわかりやすく言ってくれるかもしれません。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。